読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3年ぶり

ここ1年くらいブログのこと放置してたし、ちょっくらまた書いてみっかなー、とこのページを開いている。

 

まさか放置して3年が経過していたとは。時の流れははやい。

ゴッドイーターには新作の情報が飛び出し、のぞえりラジオガーデンなんてとっくの前に終わってしまった。それだけでなく2015年にはラブライブサンシャインという新作までもが発表され、2016年にはアニメすら放送されてしまった。僕は相変わらず無職のままだし、錦織選手はランキング最高4位を記録した。今後トップレベルへ到達することは誰にも否定できない力を身に着けた。

いやはや。

時の流れは無慈悲。

 

深刻なことは忘れて、とりあえず、最近やってるスマホゲームについて書こうと思う。

 

FGO

エロゲ界、否、ゲーム界、否、全世界で知らぬものはいないであろう、かの有名なFateシリーズが、とうとうスマホでも楽しめるようになった。Fate/Grand Orderである。

このFGO、配信初期は色々あった。ありすぎるので、はぶく。

とはいえ、他のゲームと比べれば石の配布も豊富だしイベントも過疎過密なくちょうどいいペースで差し込んでくれる。

それにバトルスピードが速くなった。以前のノロノロバトルのままだったならば、Fateという肩書を持っていたとしても恐らくこんなに有名なゲームにはならなかっただろう。

そしてなによりストーリーが最高なのだ。

なにせ、メインストーリーに奈須きのこがいる。

奈須きのこがいる。

正直、きのこがいればそれでいいとすら思っているきのこ厨であることは否めないけれど、それを差し引いても素晴らしいストーリーなので、みんなやるといい。

って、こんな誰も見てないブログで言う必要もないくらい、みんなやってるはず。それにしては、運営の発表するダウンロード数は増加率がそれほど高くない。

 

予言者育成学園

2016年くらいに始まった比較的新しいスマホゲームだ。

その内容は単純明快、現実世界で起こる何かについて予言し、当たればヤッホー外れれば残念、そういうゲーム。実際には、レベルアップやアイテム付与などあるし、アルカナと呼ばれるいわゆる敵キャラと戦ったり、ストーリーも楽しめる。

予言する何かの振り幅が大きいのが、このゲームの面白いところ。

例えば、毎週のようにゲームソフトの販売本数を予言しているかと思えば、テレビ番組で一番最初に喋る言葉について予言したりする。テニスの優勝者はもちろんだ。中には、力士の体重の増減などといった、いったい誰が思いついたんだこんなの、と思える予言まであるのだ。

予言が当たったときの爽快感は何にも代えられないし、外れたときの悔しさったらない。

けれど予言者育成を始めたことで弊害がひとつ。

今までスポーツや賞レースなどではどこかの国やグループ個人をそれなりに応援することはあっても、めちゃくちゃ応援することはなかった。

けれどこの予言があることで、どうして負けたんだ、勝てただろう今の試合、など、期待が裏返って憤りへと変化してしまうのだ。

どうにかならないですか。

どうにもならないですか。

寛容な心で楽しみましょう。

 

スクールガールストライカーズ

こちらは2014年に始まったゲーム。このブログの書き始め&放置始めとほぼ同じ。

このゲームに関して言えることは色々あるけれど、とりあえずひとつだけ。

女の子を愛でる

3DCGで作られたとても可愛い女の子を色々な服装にコスプレさせたり、つついてリアクションさせたり、いくつかのポーズを取らせてスクショを撮ったり。

なお、Android版だと、揺れるらしい。

あれが。あそこが。たぷんたぷんと。

 

悔しい。

iPhoneであることをここまで悔やんだのは初めてだ。

 

アニメもあるので見てね。

とっても揺れてるからね。

 

 

以上、最近熱心に取り組んでいる3つのスマホゲームをあげてみた。

他にも、スクフェスデレステ、モンスト、妖怪百姫たん、グラブル、白猫、オルガル、FEH、ミラクルニキ、グリモアストライクウィッチーズ、デレマス、ポケモンGOなど、ログインだけしたり、ログインもしないのに消せずに残しているだけだったりするゲームがいくつかある。

けれど熱心にプレイしようとすると、並行できる限界が3つくらいであることに気づく。

無職でこれなんだから、社会人にとっては恐らく毎日ログインするだけで精一杯という人だっているだろう。

昨今に求められているのはじっくり時間をかけて楽しめるゲームではなく、休憩などの短時間に片手間で楽しめるゲームなのではないだろうか。

という結論じみた締め。

 

完璧にオチたな。