読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイカツ! アイカツ!

一年前に書いた下書きが残ってたので編集してupする。

 

アイカツ!

とうとう最終回を迎えてしまった。

最後まで印象的だったのは、いちごやあかりがひたすらアイカツを続けていたこと。

最終回に至っては今までのアイカツを振り返るがごとく斧や崖登りを取り入れたレースすら始まった。

ユリカ様がプライベートでも決して素の自分を見せなかったように、アイカツとは自分の持ちうる全ての力をアイドルに注ぎ込むこと。

夢を追いかけることが、彼女たちの全てであって、それがとても羨ましく感じてしまうのは、僕だけじゃないはず。

 

Cパート前に口紅を塗るシーンは、あかりの大人としての成長とともに、いちごと並ぶ地位まで上り詰めたことを表現している。

となると考えてしまうのはあおいのことだ。

いちごの幼馴染にしてファン1号であるあおいは、いちごとあかりの新しいユニットをどう見ているのだろう。

アイドルファンとしては、当然喜んでいるはずだ。

スターライトクイーンにまで匹敵する実力を持ち、アイカツランキング1位になったいちごと、実際にスターライトクイーンに登りつめたあかりというこれまでにないユニット。

しかし、いちごの幼馴染である自分の姿もまた、彼女には見えている。

いちごの隣に立っているのはあかりだが、いちごが振り返ったとき、あるいは立ち止まったとき、いちごを励まし支えるのはあおいに他ならないのだ。

 

それにしてもアイカツ格言が戻ってきてくれてとても嬉しかったしスタッフわかってるじゃんって思った。

 

 

アイカツスターズ! その1

とうとう始まった。

前作『アイカツ!』がおよそ3年半の長きにわたって続いていたことを鑑みると、『アイカツスターズ!』がどれだけの期間放送できるかが、人気の指標の一つと言って良いだろう。

 星宮いちごという今までにないキャラクターを生み出した『アイカツ!』を引き継ぐことができるのかがこれからの課題。

 

 

 ・アイカツスターズ! その2

とうとう終わってしまった(今のS4の時代が)。

これからは新生S4としてゆめ、あこ、真昼、ゆずには頑張ってもらうわけだけど、何より注目したのがゆめとローラのライバル関係。

思い返してみれば入学初日に出会った二人は、いつの間にかS4の座を狙うライバルであり友人となっていたわけで。

それが今回でS4と幹部という関係性になったわけで。

ローラはきっとゆめに負けた時点で幹部としての仕事を引き受けることは快諾しようと決めていたに違いない。

一番身近にいたからこそ、ゆめの実力と天性に気づいていたローラは、今後はゆめという存在を支えるためにアイカツを続けることになるのだろう。

 

そういえばちょっと前に劇場版について監督が「ゆめロラ」とツイートしたことに対して、なんかカップリングだの百合的表現だの盛り上がっていたみたいだけど、監督が友情だって言ったんなら友情なんだよ(妄想が禁止されているとは言ってない)。

あと逆にどんだけ激しい内容なんだよとまだ見てない身分としては妄想が捗って仕方がないよね。

 

それから小春ちゃんが久々に出てきてとても嬉しかったです!

もっと出てきてくれ小春ちゃん

来週には成長したS4が見られるみたいだし、なにやら新しい生徒たちとのアイカツバトルも始まるようで楽しみ。前作を踏まえるとライバル校の登場だろうか。今度は活躍してくれると嬉しいけど……。

 

そうそう、ひめ先輩とゆめの、限界を越えてアイカツしたらすごい実力出せるけど倒れちゃう設定、まだ生きてるんだっけ?